戸山翻訳農場

作業時間

月曜 14:45~18:00

木曜 16:30~18:00

金曜 18:00〜21:30?

ブログ



2012年

5月

01日

O・ヘンリーと作家たち           岡野桂、桑垣孝平、樋口武志

 O・ヘンリーと作家たち 

 上記以外にGuy Davenportの論の中で言及のあった作家たちを紹介する。

 

 ウィリアム・ジェームズ。

アメリカの心理学者、哲学者(18421910)。パースやデューイと並ぶプラグマティストの代表とされる。弟は作家のヘンリー・ジェームス。西田幾多郎や夏目漱石にも影響を与えたとされる。O・ヘンリーの熱心な読者だった彼の “The Principles of Psychology”(『心理学の諸原理』)いくつかのチャプターにおいては、O・ヘンリーから影響を受けたとも考えられる。

 

 ブレット・ハート。

アメリカの作家、詩人(18361902)。マーク・トウェインに小説の手ほどきをしたとされる。彼の “The Postmistress of Laurel Run”(「郵便局長、ローレル・ラン」)は、とてもO・ヘンリー的であり、スタイルとプロットが類似している。

 

 ミシェル・ド・モンテーニュ。

フランスを代表する哲学者(15331592)。『エセー』において、人間の生き方や生活を考究し後世へ影響を与える。O・ヘンリーが言及し認めた数少ない作家。

 

 チャールズ・ラム。

イギリス生まれの作家(17751834)。エッセーの名手として知られ、『エリアのエッセー』が有名。『ロンドン・マガジン』に18201825年まで連載され、大変な人気を博した。O・ヘンリーが言及し認めた数少ない作家。

 

 ウィリアム・ハズリット。

イギリス生まれの作家(17781830)。偉大なエッセイストとして知られる。チャールズ・ラムとも親交があった。彼もO・ヘンリーが言及し認めた数少ない作家である。

 

 PG・ウッドハウス。

イギリスの作家(1881-1975)。新喜劇的世界を得意とし、ユーモア作家の大家として知られる。『ジーヴス』シリーズが有名。

 

 SJ・ペレルマン。

アメリカの作家、脚本家(19041979)。ユーモア作家であり、ニューヨーカー誌に多くの作品を寄せた。映画  Monkey Business”(『いんちき商売』)や『80日間世界一周』の共同脚本家として名を連ねている。O・ヘンリー、ウッドハウス同様、新喜劇的要素のある作品を書いた優れた作家として紹介されている。

 

 ジェームズ・サーバー。

アメリカの漫画家、作家。ニューヨーカー誌で活躍。短編集『虹をつかむ男』は映画化もされた。彼も新喜劇的要素のある作品を書いた優れた作家として紹介されている。

 

 ジョン・スローン。

アメリカの画家(18711951)。「ジ・エイト」と呼ばれる20世紀初頭のニューヨークで活躍したグループのメンバー。ニューヨークの風景や人々を描いた。http://american2011.jp/highlight07.html


 ジョージ・ベローズ。

アメリカの画家(18821925)。O・ヘンリーと同時代に活躍し、当時のニューヨークの生活を切り取った絵を描いている。http://en.wikipedia.org/wiki/File:Both_Members_of_This_Club_George_Bellows.jpeg

 

 ギ・ド・モーパッサン。

フランスの作家(18501893)。『女の一生』などで知られる自然主義作家。理由はさだかではないが、O・ヘンリーは彼と比較されることを嫌っていたという。

 

 ウィッター・ビナー。

アメリカの詩人(18811968)。O・ヘンリーと仕事をした仲間で、現在にも作家として名が残っているのは彼くらいだという。