戸山翻訳農場

作業時間

月曜 14:45~18:00

木曜 16:30~18:00

金曜 18:00〜21:30?

ブログ



2016年

8月

08日

Municipal Building  ミュニシパル・ビルディング

この三カ月というもの、ブランバーガーはずっと新しいシティホールの設計図に取り組んでいました。懸賞金付きの公募があったものでしてね。そして昨日、ようやく墨入れが終わりました。製図士は、最初は鉛筆で描きますからね。そうやって描いたあと、ちぎった古いパンで鉛筆の線を消すんですよ。消しゴムよりよく消えますから。『魔女の差し入れ』

1912年 建設中のMunicipal Building
1912年 建設中のMunicipal Building

  Witches’ Loavesのなかに、ニューヨークであることをはっきり示す記述はないが、年代を考えると、「a new city hall(新しい市庁舎)」とは、当時マンハッタンで計画・建設中だったミュニシパル・ビルディング(Municipal Building/ニューヨーク新市庁舎のことを指しているのだろう。

 

 19世紀後半、人口が急増していたニューヨークでは、19世紀初めに建てられた既存の市庁舎(City Hall)のみで行政機能・サービスを司ることが難しくなり、新しい建物が必要となっていた。

 

 そこで、1888年から1907年にかけて、4回のコンペティションが行われる。12の建築事務所が応募した最終コンペティションで選ばれたのは、マッキム・ミード&ホワイト事務所である。当時は摩天楼が次々と登場しはじめていた時代だったが、古典的な様式建築で名を馳せていたこの事務所にとって、高層ビルの建築は初の試みだった。しかし、若いスタッフが中心となって、ローマ建築等の要素を取り入れた高層建築を見事につくりあげる。

 

  1916年に完成したこのミュニシパル・ビルディングは、いまも世界最大級の庁舎として知られている。また、1966年には、ニューヨーク市の歴史的建造物に指定されている。

(菅野楽章)

参考

nyc-architecture

http://nyc-architecture.com/SCC/SCC030.htm

http://nyc-architecture.com/SPEC/GAL-SCC-MUN.htm

小林克弘『ニューヨーク 摩天楼都市の建築を辿る』丸善、1999

小林克弘『アメリカ様式建築の美 マッキム・ミード・ホワイト』丸善、1988